『ちょっ…、何言ってるんですか?!』 「んー、何となく?」 『付き合ってませんから!』 「そーなの?でもさ、…ほら見てよ」 そう言った海棠さんが、小さく首を振りあれを見ろと私に合図をする。 目だけ動かし視線を移せば、不機嫌そうに眉を顰めた松川さんが、こちらを睨むように見ていた。→